FC2ブログ

This Is It

Michael Jackson's This Is It

 製作発表を聞いた時から楽しみにしていた、Michael Jackson's 「This Is It 」
 思わぬ連休をいただいたき時間的に余裕ができたのと、うまい具合に指定席もゲットできたので予定より一週間早く観てきました。

 この夏ロンドンで開催されるはずだったコンサートのリハーサル風景、2009年の4月から6月までの記録映像。とてもよかったのは、センチメンタルな作りではなく淡々とした記録だったことで、なおかつ非常に質の高いミュージックビデオのように完成された作品で、コンサートを見ているように心躍りました。
 映画のエンドタイトルロールが流れ終わり、明るくなり始めた会場から拍手。割れんばかりの拍手。思わず涙うるうるでした。ははは(^_^;)

 小さい時から踊っていた私は高校生の時に劇団に入り、18才からはパフォーマンス集団を主宰し、いろいろなダンスのコピーやそこにバリエーションを加えたパロディーなどを手掛けていました。
 ハリウッド黄金期のMGMミュージカルから始まり、通過儀礼のように、当時最新流行のマイケル・ジャクソンの 「Thriller」や「Beat It」を完全コピー。それはそれは膨大な時間がかかりました。
 でも当時の私にとっての踊りの神様はモーリス・ベジャール、そのジャンルはバレエという言葉のみで呼ぶには、もったいないほどの壮大な舞台造りと振付の鬼才、20世紀バレエ団の主宰者。
ベジャール

 当時の私にとってマイケル・ジャクソンは「最新流行」であって、それ以外の何物でもなかったのかもしれない。
 陳腐な表現かも知れないが、今回、彼の訃報を耳にした時にそれは覆され、自分の中でマイケル・ジャクソンの存在がいかに大きかったか再認識した。

 まさに、この映画「This Is It 」の中の彼は、とてつもない存在感で世界中から集められた素晴らしいダンサーたちの中で、その身体が異質のものであるようなエネルギーを放っていた。マッチョで筋肉質な男性ダンサーの中、何一つ筋力を使っていないように見える独特のムーブメント、特にBeat Itの最初の部分の存在感は圧巻だった。
 そして、きっと彼は舞台に立たないその時間の大半を祈りにさ捧げていたのではないかと思わせるほどのメッセージ、動きのひとつひとつにメッセージが込められている。
 音と踊りの神様が乗り移っているような舞台でした。


 彼の生き方など、いろいろ好みの問題はあると思いますが、踊りに興味のある方、舞台作りに携わっている方、音楽が好きな方ははぜひご覧になっていただきたいと思いブログに書かせていただきました。

 11月になり、今年もあと2ヶ月。
 何一つうまくできないまま、目標も達成できないまま今年が終わってしまいそうな、いつもながらアタアタの稽古の道や日常に、素晴らしい元気と勇気を与えてくれたマイケルに感謝いたします。

 そして、皆様…長く稚拙な文章をお読み下さって本当にありがとうございます。 
 いつも、ありがとうございます。
                                合掌


マイケル・ジャクソン THIS IS IT - オフィシャルサイト

Michael Jackson's This Is It


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

満月 富士山

20091104182835.jpg
このキャベツの写真は本日散歩中、中野区新井薬師近くの某スーパーマーケットで発見。
1500円の値がついていました。
右下のミカンの小さく見えること!! ビックリでした。思わずパチリ!

20091104182838.jpg

さて昨日は満月でした。
祝日の瞑想会は、昼間に開催されたので、外に面した窓に向かい、晴天の中、天沼天神さんの緑につつまれ穏やかな時間が流れました。

会場に向かう電車の中からは何日ぶりでしょう、綺麗な雪化粧姿の富士山。
ため息をつき微笑みながら中央線の車窓に張り付いていました。
きっと不審者に見えたに違いない。

すごく寒かったけど幸せな1日でした。


今月は歩行や回転、丹田ムーブメントなど、個別のワークショップを多数開催します。
ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。

いつもありがとうございます。
                    合掌

テーマ : 巫女舞 スピリチュアルダンス 神聖舞踏
ジャンル : 心と身体

筋肉のしくみ・はたらき事典 感謝

カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典


 最近のレッスンでは、丹田ムーブメントに力を入れている。
 珍しく公演予定のない期間なので基礎の動きやら、気功や丹田についての勉強、果てはメンタルタフネまで。アスリートのごとき強い精神力でお稽古に勤しみましょう♪、と。

 素敵な本を見つけると必ずレッスンの中で紹介する。
 昨日紹介したのは上の、『筋肉のしくみ・はたらき事典』

 400個以上ある骨格筋の中から、日常生活の中の動作に関係のある150個度の筋肉を網羅。名前と位置、はたらきについて解説している。専門的すぎず、一般的すぎず、ダンサーや運動を心がける人には、ほどほどのボリュームです。

 小さい時から異常に本が好きで、特に最近はレシピもの(何々の仕組み、何々の作り方…等)が大好き。ただこの知識欲は、ただ蓄積する為だけにあるようなもので、あまり生産的ではないような気がする。
 自分の身体は、この世の成り立ちは、どのようになっているのか、「ただ」知りたいだけで、身体に関しても知っているからといって、筋肉のすべてが思い通りに動いたり、痛みが軽減するというものでもない。

 でも、その反面、知っているのと知らないのでは大きな差が出てくる。
 リラクゼーションなどで、誘導瞑想のようにして筋肉の一つひとつをほぐしていく技術があるが、自分がイメージしてヴィジュアライズするために、筋肉のおおまかな場所と形を知っていることで格段に効果が上がる。

 そして、昨日のレッスンの中で、もう一つ思わぬ効果が。

 図解の中にある150もの筋肉を見て、拳一つ作るにも、何十個もの筋肉が動き、脳という器官は世の中のどんなに素晴らしいコンピューターにも勝る性能で、この身体を動かしているということに、はたと気づいた。
 その素晴らしさ、その奇跡、生きている事の奇跡、生かされているということへの感謝。
 この世界を作った大いなる源への感謝、連綿と続く生命の奇跡への感謝。

 と、まるで箸が転んでも大笑いする酔っ払いのごとくにはしゃぎ、感動し感謝しつつ『カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典』を読みふける舞ら~の図、という変なレッスン内容でした。


20091110140839

 お話変わって、

 一昨日の日曜日、やっと念願の湯沸かし器がやってきました。
 旧型で小さく可愛い湯沸かし器です。

 エコだ、温暖化防止だ、と言いながらマイ箸を持ち、環境に優しくシンプルな生活を心がけてはいるのですが、豊かな日本、高度成長期に成長期を過ごした温室育ちです。
 冬の水の洗いものはつらかった…
 へなちょこな自分にトホホホ…

 火に狂喜する原始人のように、お湯だ!! お湯だ~!と、文明に感謝しています。

 いつも、ありがとうございます。           合掌

続きを読む

テーマ : 巫女舞 スピリチュアルダンス 神聖舞踏
ジャンル : 心と身体

優しい気持ち

20091116183543
 とてもレトロな喫茶店にて富士山発見!
昨日の日曜日、東京は久々の晴れ。近くの平和の森公園に富士山を見に出かけ、あちらは曇りだったのか、グレーに煙った富士山だったので少し残念でした。
 今日も電車の窓から富士山を探し見つけられず、思いもかけない千歳船橋にて遭遇!

 千歳船橋には、古い魂の友人に会いに行きました。
 富士山に祝福されたかの如き来年の計画について作戦会議。鬼が笑うといけないので詳しくは来年アップいたします。
(*^_^*)



 お話変わって、昼間ブラブラ移動していると、向かいから仲睦まじい老夫婦。
 可愛らしい白髪おかっぱ頭の老婦人がニコニコ笑いながらジッと私の目を見てそらさない。すれ違いざま、まだお互いに振り向く形で目が合っているので、さすがに
「何か?」
 と、尋ねようとしたら、老婦人の方が先に口を開き、微笑みなから
「沖縄の踊り子の方?」
 と。
 なんだか嬉しいやら可笑しいやらで吹き出しそうになるのをこらえ、こちらも微笑みつつ、
「踊りをやっておりますが、沖縄ではありません…」
 すると、
「あらそう、残念。沖縄のお召し物かと…、久しぶりに見て懐かしい…、」
 と、最後は独り言のように微笑みなから呟きながら会釈されました。

 いやはや、なんだか和みました。声をかけずにはいられないくらい懐かしく思われたのかもしれません。
 ただ、今日の私のいでたちは自作のワイドパンツ以外オールメイドインインディア…???
 黄土色ベースで肩には黄八丈的色合いのショールをかけておりましたが(^^;)
 何はともあれ、知らない人との会話に暖かさを感じ、人は愛おしいものだなぁとあらためて思いました。

 明日は新月。
 優しい気持ちで全てのものへの愛を舞いたいと思います。
 いつもありがとうございます。

 合掌


..

舞い舞い 感謝

三鷹の森

 ブログのタイトルを変えてみました。
 夏が終わって秋になって、すごくアナログな日々が続いて、パソコンって何だろう? ブログって何だろう? と、漠然と考えていて、ハタと気づいた。それより何が書きたいんだろう? と。

 そして、日々の舞い舞いのことや、タオの不思議や、タオにあらわされる宇宙・太極・喜びも悲しみも含めた起こることすべてに感謝を感じる、そんな日々のつれづれを書いていこうと…、タイトルを変えてみました。

カマキリ

 さてさて、またブログをさぼっていた日々ですが、17日の神無月朔日から新月舞の会、オープンクラスの他にも個人セッション、巫女舞ワークショップ、丹田ムーブメントワークショップと、舞い舞い三昧の素晴らしい毎日でした。

 特に23日の『丹田ムーブメント・ワークショップ」は旧知のタイ舞踊家、恵美子ルジラーさんのRujira Dance & Healing Lab にて開催されました。(上の写真のカマキリさんは、ラボのお庭で遭遇しました)

お弁当
 「スーパーひたち」に乗車できるということで、いそいそと駅弁を買い車窓を眺めながらブランチしつつ現場に向かいました。癒される~~~!!

 ワークは楽しくも充実して、内容の濃い~~~(?)ものになりました。
 歩行や気功的な動きなど、静かなムーブメントが多いのも関わらず、じっくり取り組む参加者の皆さんは、しっかりいい汗をかかれていました。
 一昨年のインド瞑想合宿でご一緒させていただいたヨガの講師陣の方々との再会もあり、嬉しく感動いたしました。本当にありがとうございました。合掌。


 ハートの雲
 最後の一枚はハート型の雲。

 携帯で撮った写真なので、わかりにくいかもしれませんが、ちょうど中央にある小さな雲は肉眼ではしっかりハート型でした。何となく嬉しくて。空の恵みに感謝です。21日のレッスン休憩中、本天沼にて。

 バタバタと忙しい一週間でしたが、言葉では表せないほどの大きなギフトを受け取り、愛というものについて深く考え、感じ、やはり感謝しか残らない素敵な時間でした。
 読んで下さってありがとうございます。
 すべてのものに感謝いたします。
                          合掌



続きを読む

テーマ : 巫女舞 スピリチュアルダンス 神聖舞踏
ジャンル : 心と身体

ごあいさつ
このブログにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。
舞っている以外はのんびりんこゆったりんこの日々を過ごしています。更新がゆっくりで恐縮です。
Facebook、Twitterは日々ポストしております。
皆様の生活に愛と光、幸せと喜びが満ち溢れますように。

これからも、舞い、踊り、呼吸し、愛し、今まで以上により精進していく所存でございます。
(since 2009.2.11)
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Dance Unit SHINRA
最新記事
月別アーカイブ
サンミモレ化粧品
ba.jpg
アカウント
2010.11.29
※阿利 -ALI- 個人アカウント ※Dance Unit SHINRA 公式アカウント shinrakotohogiをフォローしましょう

2011.2.3
阿利 -ALI-

Facebookページも宣伝
カテゴリ
プロフィール

阿利 -ALI-

Author:阿利 -ALI-


幼いころ歩くと同時に舞い舞いし始め、1981年から各種ダンスの指導を開始。現在はDance Unit SHINRA にて、神舞 巫女舞 銀河縄文舞 タオダンスのレッスン・公演・ご奉納など行っています。
各種ワークショップ、「歩行と丹田ムーブメントの教室」も開催中です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

Photo by ELEN KANAI



旧ブログ
※1999年1月~2004年6月
 【紫の部屋】

※2004年10月11日~05年8月
 ココログブログは消滅。

※2005年8月1日~ 
 【舞と旅のブログ】に移行。現在も継続中です。

※2008年5月10日~09年2月10日
 毎日更新してみたいと奮起し、がんばってました。よろしかったらご覧になってくださいませ。
 ↓↓
 【日々のつれづれ】

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつもありがとうございます
最新コメント
最新トラックバック
グーバーウォーク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
930位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示